2019年8月16日
トヨタコネクティッド株式会社

トヨタコネクティッド、2020年に向けた企業チャレンジ「Challenging for 2020を開始

 

トヨタコネクティッド(株)(以下、トヨタコネクティッド)は、企業としての目指すべき方向性を全社で共有し、広く社会やお客様に我々の思いを示すべく、2020年に向けた企業チャレンジ「Challenging for 2020」を開始します。自動車業界が100年に1度の変革期を迎える中、創業以来の「限りなくカスタマーインへの挑戦」の企業理念のもと、トヨタコネクティッドの技術力と強い情熱で、豊かで心ときめくモビリティ社会の実現に向けた取り組みを推進するものです。

「Challenging for 2020」の意味

2020年はトヨタコネクティッドの創立20周年だけでなく、東京でのオリンピック・パラリンピック開催など、日本が一丸となってこれまでの取り組みを飛躍に変える年として、トヨタコネクティッドが企業ビジョンの「豊かで心ときめくモビリティ社会の実現」のための新たな挑戦の方向性を示すものです。具体的には、先進技術の開発や、普段の生活をよりよくするサービスの提供、またそれに向けた改善であり、それらをお客様を含むトヨタコネクティッドのすべてのステークホルダーと共有し、同じ志を持ちながら、共に取り組み、実現していきたいと考えています。

今回、「Challenging for 2020」と連動した特設サイトを立ち上げ、企業姿勢に共鳴する、レーシングドライバーの小林可夢偉選手をコーポレートキャンペーン・アンバサダーに起用し、2019-2020のモータースポーツ活動を通した同選手の挑戦する姿勢と取り組みを伝えてまいります。

特設サイトURL
https://toyotaconnected.co.jp/challengingfor2020/index.html

以上

ニューストップへ戻る