事業領域BUSINESS DOMAIN

「リアルとデジタルをつなげる」ことで
クルマを所有する喜びと、
利用することの楽しさをもっと。

[TCのビジネス領域]

「リアルとデジタルをつなげる」ことでクルマを所有する喜びと、利用することの楽しさをもっと。

わたしたちは、お客様との「リアル」と「デジタル」両方の接点を活かして、クルマの購入検討から所有まで、また、所有期間に関わるあらゆるバリューチェーンをトータルにサポートし、最高のカスタマーエクスペリエンスを提供します。
また、MaaS※と言われる自動車が担う新たなビジネス領域においてもクルマを利用することの楽しさを最大化するサービスを生み出しています。

その原点となるのは、トヨタコネクティッドの強みである「最先端のIT技術」と「トヨタの改善プロセス」。それにより、お客様のニーズを的確に把握し、時代をリードする先進的サービスをかたちにしていけるのです。
これからも私たちは、クルマを所有する喜びと利用することの楽しさを最大化するため活動していきます。

MaaSとは:Mobility as a Serviceの略。「クルマを保有して使う」という従来の用法とは異なるかたちで移動需要を満たす手段。

Connected

これからのクルマは、
人々の暮らしをより豊かにする
ひとつの「社会システム」へ。

[TCが創造するコネクティッド社会]

これからのクルマは、人々の暮らしをより豊かにするひとつの「社会システム」へ。

いま、自動車業界は「100年に一度の大変革期」を迎えていると言われています。

社会にIoTが浸透する中、クルマにも情報化、自動化、電動化など新しい領域の技術革新が進み、クルマの概念そのものが、大きく変わろうとしています。また、利用する人々の価値観にも変化が起きています。これまではクルマを「保有」することで「移動する価値」を享受してきましたが、時代の進化に伴い、カーシェア・ライドシェアなどの「利用」へとシフトしつつあります。

クルマはネットワークにつながることで、単なる移動手段ではなく、ドライバーに様々な安心・安全、快適で便利なサービスを提供できる存在となり、また、各車両から収集したビッグデータは、様々な用途で活用され、地域社会にも貢献しています。
「街と、あらゆるサービスとつながり、社会システムの一部として、人々の暮らしをより豊かにする」、これからのクルマには、そんな期待が寄せられているのです。

サービス一覧を見る