ビッグデータBIGDATA

ビッグデータ交通情報サービス

テレマティクスサービスを通じて収集・蓄積される、車両の位置・速度や走行状況などの情報を含むビッグデータを基に生成した交通情報を提供するサービスです。一般的に利用されるVICS(Vehicle Information and Communication System)では、全国の主要道路の交通状況を把握できますが、このビッグデータ交通情報サービスは、主要道路だけでなく幹線道路や市道レベルまで、交通状況をリアルタイムに把握することができます。
このビッグデータ交通情報サービスは、様々な企業や自治体にご利用いただけるプラットフォームとしても提供が可能です。ご利用いただく企業や自治体が所有する様々な情報を、地図上に付与することで、交通流改善や地図情報の提供、防災対策などにご活用いただけます。

ビッグデータ交通情報サービス

通れた道マップ

トヨタ車(T-Connect・G-BOOK・G-Link搭載車)から収集したプローブ情報を基に、直近約24時間の通行実績情報を地図上に表示します。通行実績情報は常時更新がされる為、最新3時間毎の情報を、パソコンまたはスマートフォンからご覧いただけます。
災害時には、避難所までのルートを表示・案内する機能を備え、自治体向け交通情報サービスとも連動することで、自治体が提供する避難情報の災害情報を共有することも可能です。 通れた道マップ

通れた道マップ 通れた道マップ